朝食に焼きたてのクロワッサン

私の中のヒットの一つ。フランスから輸入された冷凍のミニクロワッサン

朝焼きたてのクロワッサンを食べられるって幸せです。

クロワッサン

簡単エリンギとベーコンのガーリックソテー

とっても簡単にできるおつまみ系おかず

エリンギとベーコンのガーリックソテー
難易度:1
調理時間:10分

Ingrédients(材料)2人分 :
・エリンギ
・ベーコン
・ガーリックすりおろし
・レモン

 

Préparation(作り方):
1- エリンギは食べやすい大きさに薄切りにする。
2- ベーコンも2センチ幅くらいに切る。
3- フライパンにオリーブオイルとガーリックを入れ、香りがたったら1と2を炒める。
4- レモン(とあればイタリアンパセリ)といっしょに器に。
5- いただく直前にレモンをしぼって振りかける。

メモ:マッシュームなどがあるときはいっしょに炒めても美味しいです。

青森第2弾 赤〜いりんごのドレッシング

青森で見つけたもう一つ私の中のヒット商品が、赤〜いりんごのドレッシング。

このリンゴ果肉も赤いらしいです。

ボトルが小さくてかわいかったのでお土産にと何本か買いました。

自分でもさっそく使ってみましたが、ただ塩こしょうで焼いた鶏肉でも、生のホタテにかけてもこれが、おいしい!シンプルな味のお料理にかけるのが良さそうです。

是非皆さんにも試して欲しいです!

残念ながら、飯田橋にある青森のアンテナショップでは見つかりませんでした…

青森のごぼう茶

青森に旅行に行きました。

旅館でお風呂を浴びた後自由に飲めるようになっていた冷た〜いごぼう茶。

お風呂上がりで、プハーって感じ。これがまためちゃくちゃおいしかった。

友人が貸してくれた「ゴボウ茶若返りダイエット」。自分で作れると書いてあったので、作ってみたけど、ゲゲ、まずい、と一回で断念。

でも、このごぼう茶はとっても美味しい。もちろん旅館の売店でゲット!

家に帰ってきて自分で作っても同じ味。香ばしくて、あきない味。

夏は麦茶の変わりにごぼう茶、決定。

通販でも申し込んでしまいました。青森県産ごぼう100%で安心。

 

本を貸してくれた友人は、減量にも成功、そしてお肌もしっとりでこの冬はハンドクリームいらずだったと言ってた。

この彼女は自分で作っているよう。出がらしも炊き込み御飯などに利用している賢い主婦。

 

 

トマトファルシ(トマトの肉詰め)

今まで面倒で作ったことがなかったトマトファルシ。
小分量で作ってみました。

トマトファルシ Tomates farcies
難易度:3
調理時間:60分


Ingrédients(材料) :

・皮がしっかりした大きめのトマト
・豚のひき肉
・牛乳
・卵黄
・玉ねぎ
・ニンニク
・パセリ
・タイム(今回はヘルブドプロヴァンスを使いました。)
・パン粉
・お米
・塩・こしょう

Préparation(作り方):
1- トマトはヘタから1cmくらいの厚さで切る。
2- 中身をかき出す。
3- 玉ねぎ、ニンニク、パセリ、タイムをみじんに切りにしてボウルに入れる。
4- ひき肉、パン粉、牛乳、卵黄を加え、塩・こしょうをして混ぜ合わせる。
5- 4をトマトにを詰める。
6- 耐熱容器の底にお米を入れて、水をかける。
7- 6の上に5を乗せる。
8- 1のトマトのフタをのせてパン粉をふりかける。
9- 180度にあたためたオーブンで30〜40分焼く。

今回はトマトのかき出した中身は別のお料理に使いました。みなさんどうされているのかな?

プルーンのベーコンまき

ちょっとしたおつまみに・・・カンタンにできるプルーンのベーコン巻き

プラムにベーコンを巻いてオーブンで焼くだけ。

 

桃の冷製スープ

初挑戦の桃のスープ

でもレシピがない・・・

たまたま安く桃が手に入ったから、だめもとでいつものポタージュ作る要領で試しに作ってみることに。

ピンク色をきれいに出すために、桃をきれいに洗って、皮ごと使用。
できあがったら、冷蔵庫で冷え冷えに!
仕上げにはミントの葉っぱを。このミントがとっても桃にあう。

思ったよりおいしくできました。お気に入りの夏の一品になりました。

軽井沢に桃のスープが有名で、わざわざ東京からそのレストランに桃のスープを求めて行かれる方がいるのだそう。
今日作ったスープはそれには足下にも及ばないと思うけど、結構満足(^^)

レンズ豆とベーコンのサラダ

フランスでレンズ豆を買ってきた。

フランス人の友人のおすすめのものを購入。

日本では、白っぽいものしか買ったことがなかったけど、今回買ったものは少し黒っぽいもの。

あるフレンチレストランのランチで、前菜に出てきたレンズ豆のサラダ、とっても美味しかった。味をまねして作ってみました。

私の簡単レシピでは、フレンチドレッシングを使ってみましたが、レストランではちゃんとお酢やビネガーで作っていると思います。

レンズ豆とベーコンのサラダ
難易度:3
調理時間:20分


Ingrédients(材料):

・レンズ豆
・タマネギ
・フレンチドレッシング
・サニーレタス(またはグリーンリーフなど)
・塩・こしょう 少々
・飾りのイタリアンパセリ、なければ乾燥パセリ

Préparation(作り方):
1- レンズ豆をゆでる。(固さの好みでゆで時間を調整。私は7〜8分)
2- タマネギは薄切りに、ベーコンは細切りにする。
3- レンズ豆がゆであがったらざるにあげ、水気を切る。
4- フライパンにオリーブオイル(分量外)を入れ、ベーコンとタマネギを炒める。
5- 4に3のレンズ豆を入れ、2、3分炒めたら、フレンチドレッシングを入れる。
7- 塩・こしょうで味を整える。
8- 器にサニーレタスとともに盛りつける。

キャロットラペ

大好きなキャロットラペ。
なかなか自分で作れなかったけど、レシピを見つけたので作ってみることに。
そのレシピにはレモン汁だけを混ぜ合わせることになっていたけど、レストランで食べた味にはオレンジの風味が。それでオレンジジュースも少し入れてみることに。

まあまあ美味しくできました。

まだ研究中の味なので、レシピは紹介しませんが、納得できる味ができたら載せます!

ちなみにキャロットラペの向こう側に見えている黄色いものはズッキーニ。スライサーで薄切りにして生でいただきました。バルサミコ酢のドレッシングととっても相性が良かったです。

 ノマドさんから届いた新鮮でつやつやのズッキーニたち

豚しゃぶと大根おろしの冷製パスタ風そうめん ポン酢ソース

夏に絶対おすすめの一品!!

パスタ屋さんで食べたものを自分風にアレンジ。

ほそーいパスタ、カッペリーニが家になかったので、もらいものでたくさんあるおそうめんをパスタの代わりに使ってみることに。これが意外においしかった!

レストランでは、さらに水菜を使っていましたので、お野菜が足りないと感じる場合は足すとよいと思います。

わたしは大食いなので、おそうめんの分量を多めにしましたが、もう少し少量にするとお上品な感じに・・・(^^)

豚しゃぶと大根おろしの冷製パスタ風そうめん ポン酢ソース
難易度:2
調理時間:20分


Ingrédients(材料):

・おそうめん
・豚薄切り(しゃぶしゃぶ用)
・大根(今回は紫色の大根を使っています)
・ポン酢
・オリーブオイル
・飾りのイタリアンパセリ(おねぎでも良いと思います)

Préparation(作り方):
1- おそうめんをゆでで氷水にさらして冷やす。
2- しゃぶしゃぶ用豚肉をゆでる。
3- 大根おろしを作る。
4- ポン酢にオリーブオイルを入れ混ぜ、ソースをつくる。
5- 1のおそうめんを器に盛り、2と3をのせ、4のソースをかける。
6- トッピングのイタリアンパセリをのせてできあがり!

カーボロネロのリゾット

こちらもアトリエノマドさんから届いたお野菜の中にあった未知のお野菜、カーボロネロ。
ベルベットのような葉・・・

アトリエノマドさんからお野菜といっしょに送られてくる説明では、イタリア トスカーナ地方が産地で、黒きゃ別とも呼ばれるアブラナ科の結球しないキャベツ。

いっしょにレシピが書かれていました、ホッ。

カーボロネロのリゾット
難易度:3
調理時間:30分


Ingrédients(材料) :

・カーボロネロ 8枚ほど
・白米     2合
・玉ねぎ   1/2個
・ベーコン   3枚
・にんにく   1片
・白ワイン   50cc
・水      800cc
・塩・こしょう 少々
・パルミジャーノチーズ、オリーブオイル

Préparation(作り方):
1- お米を洗ってざるにあげて乾かしておく。
2- カーボロネロはざく切り、玉ねぎ、ベーコン、にんにくはみじん切りにする。
3- 厚手の鍋にオリーブオイルを入れ、にんにく、ベーコン、玉ねぎを炒める。
4- カーボロネロと白ワインを加え、さっと煮立たせる。
5- 水、(お好みでブイヨンなども)を加えて、さらに10分くらい煮立たせる。
6- お米を入れて弱火で20分煮込む。
7- 味を見て、パルミジャーノチーズ、(足りなければ塩)でととのえる。あれば仕上げにイタリアンパセリを散らす。

アトリエノマドさんのコメント:
こちらのレシピどおりにつくると水の量が多いように思います。お好みですが、米に少し新が残る程度の煮上がりにしたい場合、最初に米を透き通るまで弱火で炒めてから、にんにく、玉ねぎを加えて炒め、水分は煮え具合をみながら増減させてもいいですね。

 

 

コールラビのサラダ

アトリエノマドさんから送られてきたコールラビ

どう使ったらいいかわからず、サイトで調べてみて、シャキシャキ感がいい感じのお野菜とのことなので、まずは、細切りにしたコールラビをツナとマヨネーズであえてみました:

うん、シャキシャキしていてとってもおいしい!

 

Fromage blanc

フロマージュブラン

フランスの友人のところで朝食に出してくれたチーズ fromage blanc

ヨーグルトがちょっと濃厚になったような食感。

成城石井に売っていたので、ちょっと奮発して購入。(日本では残念ながらやっぱり高い・・・月一度食べられるかどうか・・・)

フランスで購入したローズ色のシュガーをかけて食べてみました。ほんのりローズの風味のあるお砂糖がとってもあいました。

 

ブログページをリニューアル

去年夏休みの間にしかできなかったお料理のブログ・・・

今年は自分のサーバーで新しくページを作り直しました。

今年は夏休み以降も継続できるようにがんばります!(^^;)

昨年分も、少しずつ新しいページに移行します。